村 田 漢 方 サ イ ト マ ッ プ


難病・慢性病でお悩みの方は 漢方相談の実際
                    「漢方相談事例:病名編
                    「漢方薬局と現代社会
                    「村田漢方中西医結合論
                    「漢方と漢方薬の御案内
                    「漢方相談薬局と病院
                    「漢方と漢方薬の虚実
                    「村田漢方堂薬局の外観と店内の画像集
                    「村田漢方堂薬局へのアクセス
                    「村田漢方堂薬局概要
                    「漢方と漢方薬のご質問
★URLの異なる意外に人気のあるブログ
        「漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告」  


●村田恭介著述あるいは翻訳の中医学や漢方と漢方薬関連の主要論文集
漢方と漢方薬の論文集

     ※便宜上、関連ブログや関連サイトに掲載した拙論もリンクしています。
◆No.001 中医学は構造主義科学
◆No.002 漢方医学発展への道「中医学と日本漢方」(「同病異治」と「異病同治」の世界)
◆No.003 肝気鬱結の原因について
◆No.004 これからの「中医漢方薬学」
◆No.005 病名漢方の功罪(柴胡剤と「病名漢方」雑感)
◆No.006 「瘀血阻滞」とその形成原因
◆No.007 「生薬製剤二号方」の中医学的効能
◆No.008 書評集No.010 『中医理論弁』を読む
◆No.009 翻訳集No.001 「邪の湊るところ、その気は必ず虚す」新解(改訳版)瞿岳雲著
◆No.010 翻訳集No.002 「邪気が盛んであれば必ず実」とは限らない(改訳版)瞿岳雲著
◆No.011 中医学と西洋医学 ―中西医結合への道―
◆No.012 脾湿についての考察
◆No.013 猪苓湯と少陽三焦(猪苓湯が滑石茯苓湯に変わるとき)
◆No.014 漢方専門用語「証」の考察
◆No.015 注意が必要な漢方薬(肺陰を損傷しやすい漢方薬方剤の使用上の注意)
◆No.016 村田漢方中西医結合論
◆No.017 弁証論治と方証相対 (原題:「弁証論治」「方証相対」雑感)1982年執筆論文)
◆No.018 日本漢方の将来「中医漢方薬学」の提唱
       (東亜医学協会創立50周年記念特集号「漢方の臨床」第35巻12号掲載分)
 
◆No.019 翻訳集No.003 肝は下焦には属さず、中焦に属する(改訳版)瞿岳雲著
◆No.020 翻訳集No.004 「病が表にあればすべて表証」とは限らない(改訳版)瞿岳雲著
◆No.021 アトピー:漢方薬の実際(肺脾病としてのアトピー性皮膚炎)
◆No.022 中医漢方薬学の理念(上) 『和漢薬』誌500号記念
◆No.023 中医漢方薬学の理念(下) 『和漢薬』誌500号記念
◆No.024 漢方薬の安全性の問題について
◆No.025 中医学と漢方医学
◆No.026 日本漢方の随証治療の精神と「依法用方」
◆No.027 中医漢方薬学に目覚めるまで
◆No.028 続命湯を代表とする外中風邪と脳血管障害の関係
◆No.029 肝は下焦だけでなく中焦にも属する
◆No.030 アレルギー性鼻炎に対する玉屏風散
◆No.031 脾胃はすべての疾病に関連する
◆No.032 五臓の損傷は極まると必ず腎に波及する


ヒゲ薬剤師による 漢方医学関連書評集
  ◆No.001 下げたら、あかん!コレステロールと血圧 (浜 六郎 著)
  ◆No.002 中医臨床のための「病機と治法」 陳潮祖著 神戸中医研訳編
  ◆No.003 海 潮 音   上田敏著  明治38年刊(復刻版)
  ◆No.004 新しい医療革命 西洋医学と中国医学の結合 (清水宏幸著)
  ◆No.005 なぜ中国医学は難病に効くのか (酒谷 薫 著) PHP研究所
  ◆No.006 古 本 迷 宮 (喜多村 拓 著) 青弓社  
  ◆No.007 好きになる免疫学 (多田富雄監修 萩原清文著) 講談社 
  ◆No.008 検証 免疫信仰は危ない! (代替医療取材チーム) 南々社 
  ◆No.009 わすれなぐさ (北原白秋著) 阿蘭陀書房 または アルス
  ◆No.010 中医理論弁 (瞿岳雲著) 湖南科学技術出版社 
  ◆No.011 求道と創造の漢方 (村田恭介著) 東明社
  ◆No.012 日本文壇史(全24巻) 伊藤 整 著 講談社
  ◆No.013 孤独について (中島義道著) 文春新書
  ◆No.014 アトピー性皮膚炎克服への近道 (竹原和彦著) 小学館
  ◆No.015 アトピー性皮膚炎の漢方治療 東洋学術出版社
  ◆No.016 イヤな客には売るな! (石原 明 著) PHP研究所
  ◆No.017 雑 書 放 蕩 記 (谷沢永一著) 新潮社
  ◆No.018 臆 病 な 医 者 (南木佳士著) 朝日新聞社
  ◆No.019 図説 漢方処方の構成と適用 【第2版】 (森 雄材 著) 医歯薬出版 
  ◆No.020 私の岩波物語 (山本夏彦著) 文芸春秋
  ◆No.021 告 知 (熊沢健一著) PHP文庫
  ◆No.022 小説の終焉 (川西政明著) 岩波新書
  ◆No.023 書痴迷宮(喜多村拓著) 青弓社


●村田漢方堂薬局の経営者・ヒゲ薬剤師を知るには
                    「東洋医学の名医なの?
                    「村田恭介紹介記事」「日本漢方医学
                    「懐かしき蒙昧の日々(雨)(大六と銭亀)
                    「薬剤師村田恭介著書
                    「村田漢方堂薬局書庫
                    「村田恭介製品開発歴
                    「生薬製剤二号方
                    「漢方専門薬局の日録
                    「漢方専門薬局の日録」の続編は、
        サイトを変え、【漢方と漢方薬の真実】の中で
  「漢方薬局薬剤師日録」「ヒゲ薬剤師の日録」に変わり、ますます充実し、いよいよ意気盛んです!
●村田恭介著の論文掲載誌詳細項目を知るには
                    「漢方薬専門のリンク


●「村田漢方堂薬局」の御案内>>>>>「村田漢方堂薬局へのアクセス
●「村田漢方堂薬局」の概要>>>>>>「村田漢方堂薬局概要
●漢方と漢方薬に関連したご質問フォーム>>>「お問い合わせや御質問
●Q&A>>>>>>>>>>>>>>>>>「村田漢方:Q&A


●相互リンク集
                 「村田漢方相互リンク集
               「漢方薬専門のリンク